FC2ブログ

BOOK

レッドムーンからレッドムーンBOOKが出るらしい。
俺が予てから、自費出版で考案していた事が
レッドムーンから出ると言う事で、費用が浮いた(笑)
これはラッキーだ。
以前から、自費出版について調べたり、電話口で相談したりと
現実的に活動してきた。
概算見積りも貰った事が有り、若干多めに見ても
俺の作りたいBOOKとしては5000部で300万円だった。
1冊当たり、@600-となる。
影に隠れてわかりずらい仕組みとなっている出版業界は色々とトリックが多い。
友人に出版業界で働いていた人がいて、その人の紹介で
色々と印刷業者を紹介受けている。
この友人は業界から去り、現在はNPO法人で働いているが
このきっかけが大きかった。
出版までには様々な会社を隔てなければ成り立たない。
まず、紙屋さん。次に、断裁屋さん。
紙は、相当な種類が有り、そして紙の加工まで様々。
そして、インプットとなる。
写真撮影したものと印字した紙。
最近ではCDにデータを取り込みそれを渡してとか。
印字された物を画像化して、イラストレーターかフォトショップで提出とか。
やり方は色々。
まぁ、自分でベース仕上げてCDで提出が一番安上がり。
そして、紙型。
何色刷りかを決める。
当然、単色の白黒は最も安く、何種類も掛かるカラーは高くなる。
何色以上、一版につきプラスいくらってやり方が主流だ。
そして製本。
製本会社がこれまた担当する訳だが、製本し終えたBOOKは自分で
取りに行った方が、安くしてもらえる。
部数が多ければ多いほど、安くなる。
任せっぱなしと、自分の首を突っ込んで監修するのでは、出来も違う。
何故、ここまで俺が言うのかというと
俺の考えとしてはカタログや特集本というのは自分や会社の顔だと
思っているからだ。
顔が汚れたら自分も不愉快だし、人の顔に泥を塗るなんてもっての他。
だからこそ、ここにはより高い時間と力を注がなければならないのだ。
特に出版物は、永遠に残る。
失敗作が永遠に残っている事程、恥ずかしいものは無い。
自分の力不足を裸でさらすような物だ。
だから、ここまで俺は真剣に取り組んだ。
製本するに当たり、必ず予備を作る。
紙に画像を印刷し、それを2の倍数で裁断し、製本していく訳だが、
その断裁の際に、必ず若干のズレが生じる。
画像に対して紙が斜めになっているとか、本の面が一律で無いとか。
そう言うものはサンプルとして15%~20%作る。
つまり、俺が5000部とすると失敗作が1000部近く出る。
ここも言わないと、業者に処分されるのでここも抑える。
横領されても、嫌なので。
この1000部に関しては、自分用だったり近い人間に説明してあげちゃう。
まぁ、色々動いたり考えたりしたけど、俺の知識にはなった。
今の俺はただただレッドムーンBOOKが出来るのを待つのみ。
有りがちなメーカー本にならなければイイが。。
俺の案も買って貰いたいけどね。
と言うか、間違い無くファンのコーナーを設けて、その中に
俺と俺のコレクション数点を掲載し、コメントは載せるべきだね。
メディア嫌いの俺もこればっかりは、依頼があったら是非協力させて貰いたい。
日本でも俺くらいだろう?
というよりも、恐らく日本一のコレクターで有る事は間違い無いんでね。
ファンの声は絶大だ。


スポンサーサイト



line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

なかばちみつよし

Author:なかばちみつよし
埼玉県川口市出身
拓殖大学卒業
ふたご座 O型

リクエスト、質問、疑問
ご希望の方は
※メールにて受付しています。
ご利用下さい。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line