FC2ブログ
201907022141363d3.jpeg

7月といえば七夕祭り。
川口市では「ふじのいち商店街」で
毎年、七夕祭りが開催されています。
でもね。
今年は例年とは勝手が違う。

まずは期間。
例年ですと7月2日から7日までの開催。
今年は3日からになります。
それだけなら良いですが、
大きな違いは「露店」が出ないんです。
厳密に言うと、
商店街沿いのお店は個人で出しますが
それ以外は出ないって事。

商店会の高年齢化に加えて、
人手が回らないのも理由にあるそうですが
あまりに来客が多過ぎて危険が伴う上に
昨年の七夕祭り中に緊急アラートが鳴り、
パニックになった事象があったそうで。
危機管理の一環だそうです。

そんな危機管理から結果的に
露店を呼ばずに来客数を減らそうという
作戦です。
「学」の無い知恵が絞り出した答え。
商店会の意義を問いたいです。
むしろ、
意義を問うべきだと思いますね。



スポンサーサイト



line
201907022141355fb.jpeg

アメリカ直輸入のベール。
前回、Tシャツベールを買って
何となくの容量が掴めたところで
後輩が本日第二弾となるベール祭り(笑)

ご覧の通り、
コインランドリーでフル回転。

これだけの量が回ってるのを見ると
見入ってしまいます。
本当に目が回るから危ないよね。

さて。
今回は何が出てくるかな?
他人事ながら楽しみです。



line
201907031908020a4.jpeg

先日ご紹介しましたが
今日から川口駅東口にあります
ふじのいち商店街で七夕祭りが始まりました。

令和に入った今年から露店が出なくなり
商店街の各店が出すお店だけになりました。
だったら、
七夕祭りに拘らず毎日開催できますよね(笑)

俺はというと昨年同様、
知人の店の前に人がたむろしないように
売れない帽子等を並べて貢献。
わざわざお祭りで帽子は買わないだろ?
そう思いますよね。
俺もそう思いますから(笑)
それでも何だかんだで安いから
昨年は1日で2〜3個は確実に売れました。

今年?
現在一個も売れていません(笑)

それにしても露店が出ないから
利用客は少ないと予想していましたが
平日の夕方でも大量です。
結局は、
雰囲気があればOKなんだね。
きっと。



line
2019070512483544a.jpeg

そうそう。
個人的にドタバタしていていたのと
春の不甲斐ない結果に失望したのもありまして、
遅れましたがボチボチ“夏”を始めようかな?と。

2019年(第101回)全国高校野球選手権埼玉大会。
夏の埼玉県大会は、
組み合わせ抽選会が6月19日に行われ
写真の組み合わせが決定しました。
今年の参加チーム数は、
全国でも屈指の152チーム(163校)が出場予定。
春季大会を観た限り、
埼玉県だけではなく全国的に混戦模様でした。
所謂「強豪校」のレベルが下がったのではなく、
「中堅校」のレベルが上がって強豪校が強豪ではない
自体が全国で起こっています。
中堅校が強豪校を破ると“波乱”と呼ばれていますが、
波乱続きなので「もはや普通」の流れが今、
そこに存在していると言えるでしょう。
埼玉県こそ顕著な傾向にあると言えるかも知れません。

今夏の注目校はやはり「春日部共栄」でしょう。
エース・村田君を中心に勝ち星を積んでいます。
キャッチャーの石崎君も力を蓄えており、
夏の注目高校の一つと言ってよいでしょう。
ただ、俺は埼玉県代表候補の本命には推しにくいです。
基本的に村田君頼りになっていて、
長期戦となる埼玉大会を勝ち切れるのかの疑問が一つ。
監督の不祥事によるパワーバランスの悪さも露呈。
不安要素は否めません。
とは言え、
高い水準で安定している高校が無いんですよね(笑)
これは波乱と言う名の普通が起きている関係で、
絶対王者は埼玉には不在です。
夏の甲子園で埼玉初の優勝校となった花咲徳栄もダメ。
春の甲子園で優勝している浦和学院はシード権すら
取れずに今夏を迎えています。

この絶対王者不在の中、
我こそは!と勢いのある中堅校が夏の切符を奪取する。
そんな可能性も十分あり得ると予想しています。
特に注目しているのは、
山村学園・浦和実業・叡明(小松原)・埼玉栄。
まさに“THE中堅校”というに相応しい高校です。
昨年まで準決勝にも勝ち上がれていない高校ですが
今年の勢いは違います。
結成間もないチームながら春に観た可能性は期待!
どれだけ成熟して夏に挑めているに注目しています。

そして。
忘れてはならないのが、
全国の皆様が愛してやまない俺の母校、
いや世界の妹もとい世界の母校とも言える
“川高”こと「埼玉県立川口高校」にも触れます。
昨夏は惜しくも決勝で敗退。
あと1勝で甲子園の切符=俺の甲子園初切符でしたが
無念に終わりました。
そんな昨年の悔しさを胸に再出発を迎える今夏。
甲子園に届きそうで届かないモヤモヤを
今年は是非晴らして頂きたい!
そんな世界が注目する川口高校の初戦は2回戦から。
対戦相手は「聖望学園」です。
阪神タイガースの鳥谷選手の母校で、
甲子園の土を何度も踏んでいる高校ですから
決して侮れない中堅校です。
先程記述しましたが、
中堅校が強豪校を破る“波乱と言う名の普通”が
そこにある訳ですから、
川高は気を緩めずに試合してもらいたいです。
それにしても、
初戦で昨夏準優勝校とセンバツの準優勝校が
いきなり対戦するなんて、
やっぱり高校野球はドラマがありますよね!

なお、開幕は7月10日(水)。
決勝戦は7月28日(日)となっています。
今年も夏を楽しみましょう!!!


line
20150525122702302.jpg

一応ね・・。
以下、コピペです。

今年3月に沖縄県読谷村の海岸で女性の遺体が発見された事件で、沖縄県警は2日、女性を溺死させ本人のキャッシュカード等を盗んだとして、埼玉県川口市の解体工員・大城賢誉容疑者(36)=窃盗罪で起訴=を強盗殺人の疑いで再逮捕した。容疑を否認しているという。県警は同日、第11管区海上保安本部と合同特別捜査本部を設置した。捜査関係者によると、当初は「崖から突き落とした」との供述があったという。逮捕容疑は3月2日午前0時45分頃から同2時45分ごろにかけて、残波岬付近の読谷村宇座の海岸で宜野湾市に住む知人の女性=当時(32)=を溺死させ、キャッシュカードと現金約2千円入りの財布を盗んだ疑いがある。大城容疑者は学生時代に宜野湾市内の高校に通っていたという。県警は5月23日、容疑者が女性の死亡後に知人の女(21)=川崎市=と共謀し、女性のキャッシュカードを盗んで現金を引き出したとして窃盗容疑で2人を逮捕。6月17日にも同容疑で再逮捕し、捜査を進めていた。県警の調べによると2人は、3月2日から4日、宜野湾市や北谷町内のATMで6度にわたり計約270万円を引き出した疑いがある。窃盗容疑についてともに「引き出したのは事実だがキャッシュカードを盗んだ覚えはない」と一部否認している。現金の引き出しは解体工の男が女に指示したという。遺体で見つかった女性は自殺を図る動機がない等、死亡に不審な点があったことから県警と海保が捜査していた。

この事件をテレビで知りましたけど、
まさか容疑者が川口にいるとは思いませんで。
事件に発展する前にどうにか出来たでしょうに。
借金があるならそれなりの措置。
270万円程度ならやる気になって切り詰めれば
どうにかなる金額でしょう。
何か勿体ないなって考えちゃいますよ。
この程度で人生を棒に振るのってさ。
また、
この程度で命を落としてしまった被害者には
もっと考えちゃいます。


line
line

line
プロフィール

なかばちみつよし

Author:なかばちみつよし
埼玉県川口市出身
拓殖大学卒業
ふたご座 O型

リクエスト、質問、疑問
ご希望の方は
※メールにて受付しています。
ご利用下さい。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line