FC2ブログ
20180122200003929.jpg

一応ね・・。
以下、コピペです。

18歳でバイク事故を起こして危険運転致死罪に問われた元少年(21)について「警察や検察の怠慢で捜査が遅れ、未成年として裁判を受けられない不利益を被った」という判決が確定する。最高裁第二小法廷(鬼丸かおる裁判長)が8月31日付の決定で元少年側の上告を棄却し、捜査当局の職務怠慢を認定した二審・東京高裁判決を支持した。二審判決によると、元少年は18歳だった2015年1月、埼玉県川口市でバイクを無免許で2人乗り運転。赤信号で交差点に侵入してトラックに衝突し、同乗者を死亡させた。県警の書類送検までに約10カ月、検察の起訴までにさらに約10カ月かかり、起訴された時には20歳を超えていた。元少年側は「捜査の遅れによって、少年として裁判を受ける利益が失われ、起訴は違法だ」と主張したが、一審・さいたま地裁は「捜査が特に遅らされたということはない」と判断し、検察側の求刑通りに懲役5年を言い渡した。一方、高裁は今年5月の判決で事故や元少年の供述の状況を踏まえて「捜査は必要以上に時間をかけすぎた」と指摘。「警察と検察に職務怠慢があった」と判断して一審判決を破棄し、懲役2年6カ月を言い渡した。検察側は上告していなかった。

警察と検察に職務怠慢があったかどうかは別として
埼玉県警の書類送検と検察の起訴までの時間があって
起訴された時には20歳を超えていたからって、
少年法を適用しないのはどうかと思いますよ。
法律上の問題でそうせざるを得ないのはわかるけど、
普通に高裁の判断が正しいと思うし、
本来は改正すべきだと思いますけどね。
年齢がポイントなんですから。
少年法は。


スポンサーサイト



line


今日はタッセルローファーの気分。
昔はこの靴を“オジサン臭い”と思っていた俺も
既にオジサンだからか妙に魅力的に感じる。

現在では、
タッセルの付いたスリッポンの革靴は
タッセルローファーとして扱われていますが
厳密に言うと仕様によって呼び名が異なります。
モカシン縫いが履き口まで続くとタッセルローファー。
途中で終わるものはタッセルスリッポンと言われている。
ちなみに、モカシン縫いではなく
フルグローブの装飾が施されていると
ウィングタッセルと呼ぶ。

まぁ・・。
そういう細かい分類がある事くらいは頭に入れて
基本的にはタッセルローファーでOKだと思います。

今日履いているのはロークの物。
勿論、イングランド製です。
ロークと言えばイコールでグッドイヤーウエルト製法。
グッドイヤーと言えばロークです。
買うまで知らなかったけど、
「ブライトン」という名前のタッセルみたいです。
更に、ソール裏が透明に近く
透けているようだと最近の物だと教えてもらいました。
ドクターマーチンならそうですけど、
ロークでも同じなんでしょうか?
同じエアソールだからか一緒なのかな??
調べてないからわかりませんが、
目安として見る分には良いかも知れませんね!

ただ、いつかは
やっぱりオールデン社のタッセルが欲しい!
マーチンクラスだったらたまに見つかるけど、
オールデンのタッセルを格安で見つけた事は無い。
だから「いつか」欲しい(笑)


line
20180122200003929.jpg

一応ね・・。
以下、コピペです。

埼玉県の川口署は1日、建造物損壊の疑いで、住所不定、警備員の男(59)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は1日午後1時50分ごろ、川口市中青木1丁目の川口市役所第2庁舎の正面出入り口自動ドアに看板をたたき付けるなどして損壊させた疑い。同署によると、目撃した男性から「50代くらいの男が市役所の自動ドアを蹴って暴れている」と110番があり、警察官が駆け付けると、男が警備員らに取り押さえられていた。男は市役所駐車場に設置されていた金属製の看板で自動ドアをたたき、ドアのガラスに約1メートルの線状の傷が付いた。男は「市役所に対し頭にきていた」と供述しているという。

どんな内容でご立腹になったのかは不明ですが、
よっぽどの事があったんでしょうね。
または、
余程の内容ではなくても
こんな事件が起こってしまうのが川口市という
そんな理解もできますが(笑)
実際ね。
俺もお役所仕事が過ぎて嫌気がさす時もあります。
どちらにしても、
こういう事件が起きたのを
この人のせいだけにするのはお門違いかな?と。


line


久し振りに映画を観てきました。
特にお目当ての映画があるわけではなく、
この大荒れの天気ですから
のんびりと映画を観れると思って行きました。

いくつかある中で、
8月31日に公開されたばかりの映画
「SUNNY(サニー)」にしました。

結果。

今、

安室奈美恵の曲をめちゃめちゃ聴いてます(笑)


中身はね。
一切ないと言っても良い映画です。
でも、楽しかったぁ。
とにかく元気をもらいましたね!
まさに俺の周りでも繰り広げられていた日常が
表現されていて本当に懐かしくてさ。。
何だろう。
当時を思い出して、
また「はしゃぎたく」なりましたよ!

30代後半から40代前半の方には
男女を問わずオススメします!!


line


ここでも何度か書いていますが、
たまに“家系らーめん”を欲する時があります。
今日はそんな気分で家系に立ち寄りました。

立ち寄ったのはここ。
品川駅前にある「壱角家」です。
まぁ…家系だったら何でも良かったので
たまたまあって良かったです。
たまたまと言っても、
7~8分は駅前を探し歩きましたが(笑)

店内はテーブルと対面カウンターがあり、
全部で60名くらいは入れる広さ。
注文は口頭です。

メニューは…








こんな感じ!

相変わらず高額ラーメンですね。
しかもここは、
今や家系では定番のサービスライスが無い!
110円で別注文しないと
“ラーメンライス”が楽しめないんです。
ライスを頼めばおかわり無料みたいですが、
お得感はありません。

って事で、
家系にきてラーメンライスで食えないなら
もはや来た意味すら感じれないので
大らーめん(860円)+ライス(110円)を注文。

…で。
待つこと約8分で








ドーーーーーン!!!

あれ??
何か…俺の描いていた家系とは違う。
味もレトルトみたいな味がする。。
見た目は他店と大きな違いはないけど違う。

結構な久し振りの家系で
楽しみにしていただけにとても残念です。
自分の意思では二度と行きません。
外国人しか従業員がいないのも
気になりました。

ごちそうさまでした!


line
line

line
プロフィール

なかばちみつよし

Author:なかばちみつよし
埼玉県川口市出身
拓殖大学卒業
ふたご座 O型

リクエスト、質問、疑問
ご希望の方は
※メールにて受付しています。
ご利用下さい。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line