FC2ブログ


今日から7月。

次女が小学校で育てていた朝顔を
昨日持ち帰ってきました。
直に子供たちは夏休みを迎えるので、
早目に持ち帰って自宅で観察するのが
目的みたいです。

子供はこの朝顔を持ち帰ってきた事で
観察日記の宿題が増えるのでしょうが、
親からすると
家に朝顔がある環境ってそうありませんから
ちょっとウキウキします(笑)
これがまたさ、
今日みたいな雨にも朝顔が合うんだわ。
文化人っぽい感じの物言いですが
雨に濡れた朝顔の表情を見ていると
季節を感じます。

どの季節にもそれぞれの良さがあり、
楽しむための風物詩がそこにはある。

今年の夏も楽しみです!

スポンサーサイト



line


ここではもう何度も紹介しているので
ご存知の方が多いでしょうが、
川口駅東口のふじの市商店街では
基本的に毎年7月2日~7日まで
七夕祭りが開催されています。

7月2日~4日は飾りを楽しみ
7月5日~7日は飾りと屋台を楽しむのが
恒例となっています。

今年は曜日が悪く
おまけに天候にも恵まれなそうなので、
そこまで多くの人で賑あわないかも知れません。
まぁ…天候は毎年の事ですけどね(笑)
それでも俺にとっては楽しみなイベントの一つ。
小さな頃からこの場所で
七夕祭りを楽しんでいましたから
思い入れも一塩です。

ここ最近は、
7月2日~でも商店街の各店舗で
出店を開いている傾向にある為、
それまででも成りには楽しめるかも知れませんが
出来る事ならやはり7月5日~に
足を運んでいただきたいですね!
特に行った事の無い方には。

有名どころの七夕祭りと比較すると
かなり小規模にはなりますが、
俺にとっては大事な七夕祭りです!


line


本当に厳しい戦いでした。
事前予想では1-1延長PK戦でイングランド。
そう周囲に漏らしていた為、
マジでその行く末を観ているかの様でした。

サッカー女子ワールドカップ・カナダ大会準決勝。
日本VSイングランド。
なでしこの先発メンバーは固定の
GK:海堀あゆみ(INAC神戸)
DF:岩清水梓(日テレ)
   熊谷紗希(リヨン)
   鮫島彩(INAC神戸)
   有吉佐織(日テレ)
MF:阪口夢穂(日テレ)
   宮間あや(岡山湯郷)
   川澄奈穂美(INAC神戸)
   宇津木瑠美(モンペリエ)
FW:大野忍(INAC神戸)
   大儀見優季(ウォルフスブルク)
となりました。
この面子にも流石に慣れましたが、
相変わらず非常にボランチに不安が残ります。

試合は前半、
日本がPKを得て宮間で先制。
しかしその後、
かなり厳しいジャッジが下されて逆にPKを献上。
1-1となり後半へ。
後半に入るとイングランドが猛追。
バーに当たるシュートが2本もあり
ドンピシャのヘッドが枠を外れてくれたりと
冷や冷やです。
イングランドのペースを崩したい日本は
岩渕真奈(バイエルン・ミュンヘン)を投入して
流れを変えにかかるがゴールが遠い。
ロスタイムは3分。
やはりこのままPK戦までもつれるのか・・と
思った瞬間でした。
川澄が右後方から前に入れたボールを
大儀見が反応するもイングランドDFが先に動き
ボールに触れるとそのままゴールポストに当たり
まさかのオウンゴール。

形はどうであれ、
とりあえず勝利を挙げて決勝に勝ち進んだのを
単純に褒めてあげたいです。

自分の目線から決勝に向け一つだけ言うなら
とにかく「シュート」を打て!です。
あからさまに少ない。
綺麗な形でシュートしたいのもわかりますが、
打ってこぼれた球を押し込んでも1点は1点。
ロスタイムのオウンゴールでも勝ちは勝ち。
2大会連続で同カードとなった女子W杯。
強敵アメリカとの決勝。
もうここまで来たらさ。
興味のある無しに関係なく応援してあげましょうよ!

7月6日(月)午前8時キックオフ!!
注目です!!

line





















































line


夏の甲子園・・。

季節と施設名を併せた言葉ではあるが
高校野球を連想させる
これ以上もこれ以下も無い最高の言葉。
今年もそんな夏の甲子園が一歩、
また一歩と近づいています。

ワクワクと言うかドキドキと言うか。
楽しみで楽しみで仕方がありません。
今年もどんな感動の涙が生まれ
どんな劇的なドラマが繰り広げられるのか?

しかしその前に忘れてはいけないのが
地方予選です。
ここにもメジャーにはなれないが
感動的なドラマが隠されています。

第97回全国高校野球選手権埼玉大会。

同大会の組み合わせ抽選会が行われ、
出場する157チームが
7月10日(金)から優勝を目指し戦っていきます。
順調に進めば7月28日(火)が決勝。
優勝した1校が夏の甲子園へ出場します。

選手宣誓は97回大会にちなみ
「97」を引き当てた深谷高校の江原主将が行う。

注目となる県大会と関東大会を優勝した
“常勝”浦和学院はAシードとなりました。
そして全国の皆さんが最も注目する
「埼玉県立川口高校」はBブロックノーシード(笑)
つまり、
浦学との対戦は準決勝まではありません。
川高は昨年の夏は3回戦で浦学と対戦し、
見事勝利を収めましたがその後に惨敗。
まさに川高らしい野球をしてくれました。
これまでの戦績を考えるに
今年は台風の目にはならなそうですが、
素晴らしい試合を期待します。

今年も暑い、熱い夏が待ってるぜ!!
本当に楽しみです。


line
line

line
プロフィール

なかばちみつよし

Author:なかばちみつよし
埼玉県川口市出身
拓殖大学卒業
ふたご座 O型

リクエスト、質問、疑問
ご希望の方は
※メールにて受付しています。
ご利用下さい。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line