FC2ブログ


やっと。
やっと終了しました。
前にも書きましたが、
実は6月1日からダイエットを始めまして。
期間は3ヶ月間。
よって、昨日を持ちましてダイエット終了~!

やりましたよ。
3ヶ月間やり抜きましたよ。

俺にとっては過酷を極める3ヶ月間でしたね。
特に開始と終わり頃。
慣れたら楽でしたけど
終わりが近づくと早く終われ!という意識になり
とにかくキツかったです。
ダイエットの内容は
「大盛り&おかわり」の禁止なんですけどね(笑)
そんなんでも俺にはとても厳しい期間でした。

とは言え。
大盛り&おかわりを禁止するのは勿論で、
余裕があったので
筋トレ、ランニング、ジムトレーニングを行い
更には朝飯をヨーグルトに代えたり、
昼食を抜いたりと色々試しました。
まずは大盛り&おかわりを禁止し続けた事で
俺のダイエットは成功する訳ですが
ある意味で精神修業ですから、
やっとくと
何となくダイエットっぽいでしょ?(笑)
やりきった自分を誉めてあげたいです。

さて。
そうなると気になるのが+αの部分。
3ヶ月間続けて更に体重が減っていたら
これ以上はない大成功と言って良いでしょう。
開始時の体重は写真にある通り
約100kg!
3ヶ月間の精神修行を終えた俺は
何kgになっているのでしょうか?

この時と同じ条件下で計測してみると…











凄ぇぇ!!!!

驚きの「94.6kg」になってるではないか!
約100kgから5kg減ってるって事は
比率にして約5%減。
平均72kgの男が68.4kgに
平均50kgの女が47.5kgになるのと
同じです。
そう考えると、
大した事ないね(笑)

でも、良いんです。
目標はそこではなく
本当に俺はやりきる事が出来るのか?
でしたから。
言ったら俺は毎年、
夏の時期になると体重が落ちるタイプだったので
ダイエット効果の本当のところは
わかりませんけど(笑)

とにかく。
今日から俺は自由の身だー!!!
もうダイエットはやりたくない。

スポンサーサイト



line


ブログの楽しみ方は人によって様々。
また、
読み手と書き手でも様々です。

読み手目線で考えますと、
俺が愛読しているブログはいくつかありまして。
少なからずそのブログの役割は
俺という人間が存在する限り生きています。
書いている本人がどう思っているか次第ですが
愛読している訳ですから、
存在している意味はありますよね。
どんなマニアックなAVを作っても
最低200本は売れるという法則と
ブログは似てるのかな?(笑)

そんな“マニアック”なブログだったのか?かは
わかりませんが、
俺が愛読していたブログが昨日終了しました。
その名は「K-GOTO'S EYE」という
元REDMOONの社長である後藤惠一郎氏が書く
ブログでした。
見ると8年も更新していたんですね。。
凄いなぁ・・。
ここまで続けるのもそうだし、
バッサリ辞めるのも凄いなぁ・・と思います。
最近はめっきりお会いする事もなくなりましたが
お元気なのでしょうか?
年齢が年齢ですからね。
こういう判断があると考えると
何かあったのかな?と思ってしまいます。
単純に一般的なアナウンスが
必要なくなったというお考えなのでしょうけど
これからも無理せず
“レッドムーン後藤”を背負って行ってほしいです!

とりあえず
お疲れ様でした。


line
20140712131508367.jpg

世の中でいう「危険ドラッグ」への規制が
更に強まっている。
警視庁によると今回、
道路交通法(道交法)を覚醒剤や麻薬の中毒者、
幻覚症状のある精神障害者を対象に
将来的に事故を起こす恐れがある「危険性帯有者」として、
免許の効力を最大6カ月停止できるように規定した事を受け、
「危険ドラッグを所持している者」もこの危険性帯有者に加え
同様の規定での運用するらしい。

つまり。
「危険ドラッグ 持ってるだけで 免停です」です。DEATH。

でも、これはやっておくべきでしょうね。
マジで危ないからね。
むしろ先日も書きましたけど対応が遅過ぎなんですよ。
出来たところで免停ですから。
免取にならないなら別にいっか!的な人が
危険ドラッグをやる訳なかったね(笑)
俺のバカっ!
ただね。
一体、どうやって危険ドラッグを所持しているのを
取り締まるのか?が問題ですよね。
利用している者ならば臭い等で判断も可能だが、
所持しているとなると持ち物検査しかない。
しかも持ち物を検査する対象になる人は、
どうやって決めるのか?
わからない。。
この検査で危険ドラッグの所持が見付り
仮に使用を否定すれば良いのではないか?と
思うかも知れませんが、
使用歴を否定した場合は、
家族や友人等から使用歴を聞き取るなどして
厳格に運用するらしい。
そこは徹底してますね。
そうなると後はやっぱり対象者の選定ですよね・・。

不特定を無作為にという話であれば
それはそれで超~面倒くさい時代になりますねぇ。
酒が好きな人は、
車内にビールがあったら飲みたくならんのかね?
普通はならないですよ。
じゃあ、取り締まる側が
あの車にビールが入っているってわかりますかね?
普通はわからないですよ。

だから結局。
そんなもんなのかな?って感じです。
先に書いた通り、
免取ならまだしも免停レベルじゃ
大した抑止力にも繋がらない気がしちゃいます。
俺はね。


line


そうそう。
それなりに長くブログをやっていると
面白い事もあるもんで。
今日、このブログを読んでくれた人と
偶然出会いましてね。
勿論そんな事は過去何度もあります。
だったら、
何でわざわざそんな事を書くのか?
って話になりますよね(笑)

実は。
初めてだったんです。
このブログを読んでいる
もしくは読んでくれた見ず知らずの人に
一日で二人と出会うのが。

そうなんです。
確かに読んでくれた人と出会うのは
何度もある経験ではあるものの、
そんなにしょっちゅうある訳ではありません。
ごくごくたま~にある程度です。
だからこそ、
そんな人と一日で二人に出会うのって
結構凄い事だと思うんですよね。
本当に。

二人目の方については
馴染みのお店で偶然会いましたが、
一人目の方にいたっては
朝のすれ違い様で気付いたくらいですから、
そりゃ~もうビックリですよ。

出会いって
本当に大切なものだな!って染々思いまして、
今俺は相席屋に来ています(笑)
しかし、
まさかのノーゲス。。
これはこれで楽しいから良しとするか!


line


最近、話題のデング熱。
そこまでの興味は無いのですが、
記録として書き残しておこうかな?と。

まず、初めにデング熱について書くと
そこまで大した病気ではないのだろうな・・という
印象を抱きました。
だからと言って、
軽視して良いのか?という話ではありません。
それこそインフルエンザ級の熱が出て
身体が怠くなる症状が主な様ですからね。
大変だと思います。
どうも、
足の裏が赤くなるのが特徴みたいですね。
最悪の場合は死に至ると報道されていますが、
知り合いの医師に聞くと
普通の風邪でも最悪の場合は死に至るし、
悪化して「デング出血熱」になるの可能性も
強く警戒するほどは高くないとの見解でした。

このデング熱を振り返ってみると
28日に初めて感染が判明したのは東京と埼玉の
男女3人のグループ。
この3人の話を基に、
公園南側の「渋谷門」付近で
ウイルスを保有する蚊に刺された可能性が高いと
されてきました。
しかし、日をおう毎にデング熱を発症した人が増え
今日現在で22名の感染を確認しているらしいです。
そしてこの22名に共通して言える事は
やはり「代々木公園」でした。
ただ、公園南側の「渋谷門」付近だけでなく
公園の近郊にいた人も感染していることから
公園周辺にも影響が及んでいるのが予想されます。
一時は、緑地公社や東京都が主となり
渋谷門付近に駆除の処置を施していましたが、
予想よりも生息が広域だった為、
蚊の生息場所が特定できない事から
今後は蚊の駆除や封鎖はしない方針を発表しました。

ただね。
不自然な点もあります。

厚労省からは、
感染したこの22人から検出されたデングウイルスは
全て「1型」と呼ばれる種類で、
海外渡航した日本人か外国人かは不明としながらも
感染した人が公園を訪れた際に複数の蚊に刺され、
その蚊が他の人を刺して感染が広がったのでは?
という見解を示している。
そうなるとね。
単純にわかっている22人がデング熱になっていたら
その感染者の住む街の蚊も怪しくなる理論ですよ。
でも、その様な報道は出ていないし
その様な感染の報告が出ていないのが一つ。

感染時期が
7月下旬から8月中旬にかけてとされているが、
それなりに年齢のいった人しか感染報告がない。
この時期はまさに夏休みシーズンですから
小さな子供が沢山いた筈です。
不特定多数が対象となるにも関わらず、
ゼロっていうのも不思議な話。
それに付け加えて、
この代々木公園には多くのホームレスがいます。
同様にこれも不思議。

蚊の生存期間は約1ヶ月。
そして生涯に4回だけ血を吸うらしいです。
だから、逆に言えば
ウイルスを保有する蚊は6匹以上いる計算になります。
しかし。
それこそ駆除で死んでるかも知れないし
1ヶ月で勝手に死んでいるかも知れない。
最悪を考えたら、
各地でウイルスをもった蚊が生存し
幼虫であるボウフラがそのウイルスをもったまま
蚊になるパターン。
最高なのは既にウイルスをもった蚊が
寿命もしくは駆除により既に死んでいて
ボウフラにも引き継がれないパターン。

どうせやるならね。
そういう所まで報道してもらいたいですよ。
ただただ、
最悪の場合は死に至るなんて言う当たり前の事を言って
不安を煽るよりもずっと高い必要性がある気がします。
マスコミが面白くないと言われてしまう所以が
わからんでもないですね。

line
line

line
プロフィール

なかばちみつよし

Author:なかばちみつよし
埼玉県川口市出身
拓殖大学卒業
ふたご座 O型

リクエスト、質問、疑問
ご希望の方は
※メールにて受付しています。
ご利用下さい。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line